e-Taxを利用する場合の手続きの簡便化に向けた準備が始まっています

<スポンサーリンク>  
 

e-Taxを利用するには利用者識別番号を取得し、パスワードを設定する手続きが必要ですが、マイナンバーカードとマイナポータルの機能を活かした新しい簡素化された手続きが平成31年1月の利用開始に向けて準備されているようです。

e-tax【平成31年1月開始】e-Tax利用の簡便化に向けて準備を進めていますより)


<スポンサーリンク>    
 

e-Taxを利用するには利用者識別番号の取得が必要

この記事の掲載日時点では、e-Taxを利用するには利用者識別番号を取得しなければなりません。

利用者識別番号は16桁の数値で、e-Taxの利用開始出書を提出することにより取得することができます。

e-Tax事前準備の流れ >4 利用者識別番号等の取得より)

 

e-Taxの利用手続き簡便化の概要

公開された情報によれば、マイナンバーカードとマイナポータルの機能を利用して手続きを簡便かするようです。

e-Tax【平成31年1月開始】e-Tax利用の簡便化に向けて準備を進めていますより)

イメージ画像は次のとおり。

e-Tax【平成31年1月開始】e-Tax利用の簡便化に向けて準備を進めていますより)


■□◆◇ 編集後記 ◇◆□■

管理人
マイナンバーカードの取得期間は短くなったのかな〜?


<スポンサーリンク>


お知らせ等

<このブログの管理人>
勤務先 ⇒ UI総合事務所
 
<お問い合わせ先>
 税務顧問契約等をご希望の方は、UI総合事務所のお問い合わせページよりお問い合わせください。

 税理士かわべと直接、顧問契約等をご希望の方はお問い合わせページよりお問い合わせください。

<スポンサーリンク>


<スポンサーリンク>








Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る