法人番号を検索するなら国税庁法人番号公表サイト

<スポンサーリンク>  
 

平成27年10月26日より「国税庁法人番号公表サイト」が稼動したので使ってみました。

H29.1.9 記事を加筆、訂正しました。また、一部、画像も変更しています。

国税庁法人番号公表サイトより)

(画像をクリックすると国税庁法人番号公表サイトが開きます。)

 

※ 法人番号の「通知・公表」のスケジュールに沿って公表しているため使用する日時によっては表示されない法人があります。

国税庁法人番号公表サイトより)

10月26日(月)の夕刻以降から法人番号の「通知・公表」開始スケジュールに沿って、公表しています。

 

※ 記事で表示されている検索結果は、H27.11.2に検索したものです。

 

(参考)

参考 国税庁;国税庁法人番号公表サイト

参考 国税庁;法人番号の「通知・公表」開始スケジュールについて


<スポンサーリンク>    
 

法人番号を含め公表対象は基本3情報

国税庁法人番号公表サイト」で公表されるのは次の基本3情報です。

・ 商号又は名称

・ 本店又は主たる事務所の所在地

・ 法人番号

 

国の機関、地方公共団体の情報を確認

使用する機会は少ないと思いますが、国の機関等の3情報のページを開いてみました。

 

国税庁法人番号公表サイト」で「国の機関等一覧」(上の画像の赤色の丸囲み部分)をクリックすると次のようなページが表示されました。

 

法人番号公表サイト_42

 

上の画像のとおり、衆議院、参議院にも番号が設定されています。

これらの情報は、上の画像のピンク色の囲み部分のように一覧をPDFやExcelファイルとしてダウンロードすることができます。

 

法人番号で法人の商号等を調べる

国の機関等以外の法人については、「国税庁法人番号公表サイト」の検索画面で3情報を調べることができます。

 

法人1社の情報を調べる

まずは、法人1社の法人番号からその法人の商号と所在地を調べてみます。

法人番号公表サイト_11

 

国税庁法人番号公表サイト」の法人番号のところに13桁の法人番号を入力して検索ボタンをクリックします。

入力中の番号の桁数を確認しながら入力できます。上の画像のピンク色の丸囲み部分は「11桁」なので2桁足りない状態を確認することができます。

 

13桁になると下の画面(ピンク色の丸囲み部分)のように表示されますので、法人番号の入力箇所の右横の「検索」ボタンをクリックします。

法人番号公表サイト_12

 

入力した法人番号に一致する情報がある場合は下の画面のように「法人番号」、「商号又は名称」、「本店又は主たる事務所の所在地」、「最終更新年月日」が表示されます。

(上記以外に「変更履歴情報」も表示されるようですが、私が検索した法人番号ではどのような表示になるのかを確認することはできませんでした。)

 

複数の法人の情報を調べる

国税庁法人番号公表サイト」では、複数の法人を一度に調べることもできます。

下の画像のとおり、赤色の丸囲みの「国税庁法人番号公表サイト」の「法人番号をまとめて検索する」をクリックします。

法人番号公表サイト_14

 

次のように法人番号を複数入力する画面が表示されます。

法人番号公表サイト_15

 

法人番号を入力してまとめて検索をクリックすると次のような画面が表示されます。

法人番号公表サイト_16

 

法人の商号や所在地で法人番号を調べる

今度は。「国税庁法人番号公表サイト」で法人の商号や所在地等から法人番号を調べてみます。私はこの機能を使う機会が多いです。

 

商号又は名称のみで検索する場合

住所を入力せず、商号又は名称のみで検索してみます。(商号又は名称の一部分でも検索することができました。)

上の画像のとおり、商号又は名称を入力後、検索方法を指定します。(②は選択しなくてもOKです。)

検索方法は、商号等を入力前にも選択できるようになったようです。(H29.1.9追記)

① 「前方一致検索、部分一致検索」

デフォルトは「前方一致」になっています。商号又は名称を入力後、選択することができます。

⇒ ②で「読み仮名で検索(カタカナ)」を選択した場合は、選べなくなります。

 

② 「読み仮名で検索(カタカナ)、入力した文字そのままで検索」(ピンク色の枠囲み部分)

例)「建設」、「部分一致」、「入力した文字そのままで検索」で検索

法人番号公表サイト_22

24,000件もありました。

 

住所のみで検索する場合

郵便番号や都道府県など住所に関する情報だけで検索することもできます。

例)郵便番号「171-0022」で検索してみました。

法人番号公表サイト_23

結果は次のとおり、2,550件ありました。

法人番号公表サイト_24

 

商号と住所のみで検索する場合

商号と住所の組み合わせで検索することもできます。

先ほどの「建設」、「部分一致」、「入力した文字そのままで検索」に「東京都」を指定して検索してみました。

法人番号公表サイト_25

結果は次のとおり、7,365件ありました。

法人番号公表サイト_26

 

検索条件の指定等

国税庁法人番号公表サイト」では、検索結果はデフォルトのままだと五十音順で表示されますが、他の方法で表示させることもできます。また、法人種別(株式、有限など)や閉鎖等の法人を含めるか否かも指定することができます。

「法人の商号及び所在地などから法人番号を調べる」の下部にある「検索条件の設定」の右横の「+」(下の画像の赤い丸囲み部分)をクリックします。

法人番号公表サイト_31

次のような画面が表示され、検索条件を設定することができます。

法人番号公表サイト_32

 

基本3情報のダウンロード

基本3情報のダウンロード機能はH27.12.1からの利用になるようです。

国税庁法人番号公表サイト」では、基本3情報のデータを都道府県別に一括でダウンロードする機能もあります。法人番号は、社内の顧客管理に使用することができるので、ダウンロードしておくと便利かもしれません。

※ 個人番号を顧客管理に使用してはいけません

LINK 内閣官房>マイナンバー>よくある質問(FAQ) >(4)民間事業者における取扱いに関する質問>Q-4-1-3より

Q4-1-3 マイナンバーを使って、従業員や顧客の情報を管理することはできますか?

A4-1-3 マイナンバーは、法律や条例で定められた社会保障、税、災害対策の手続き以外で利用することはできません。これらの手続きに必要な場合を除き、民間事業者が従業員や顧客などにマイナンバーの提供を求めたり、マイナンバーを含む個人情報を収集し、保管したりすることもできません。
法律や条例で定められた手続き以外の事務でも、マイナンバーカード(個人番号カード)を身分証明書として顧客の本人確認を行うことができますが、その場合は、マイナンバーカードの裏面に記載されたマイナンバーを書き写したり、コピーを取ったりすることはできません。(2014年6月回答)

基本3情報のダウンロード方法(全件データ)

国税庁法人番号公表サイト」のトップページで「基本3情報ダウンロード」(下の画像の赤色の枠囲み部分)をクリックします。

次のような画像が含まれたページが表示されます。

とりあえず全件データをダウンロードしてみます。「全件データのダウンロード(各都道府県別)」をクリックします。

CSV形式・Unicode」をクリックしてみます。

管理人
ためしに東京(上の画像の赤色の枠囲み部分)をクリックしてダウンロードしてみました。ダウンロードにはあまり時間がかからなかったのですが、開くのに時間がかかりました。87万行あまりのデータなので・・・。文字化けした。

■□◆◇ 編集後記 ◇◆□■

管理人
昨日は、東日本実業団駅伝をテレビで観戦。最終ランナーの勝負はとても楽しめました。


<スポンサーリンク>


<このブログの管理人>
勤務先 ⇒ UI総合事務所
 
<お問い合わせ先>
 税務顧問等をご希望の方は、UI総合事務所のお問い合わせページよりお問い合わせください。

<スポンサーリンク>


<スポンサーリンク>








Pocket
Bookmark this on Google Bookmarks
LINEで送る

ABOUTこの記事をかいた人

生誕:1969年 東京 生まれ 趣味:楽器演奏(St.Bass、E.Bass)     読書(ミステリー)     映画鑑賞(学生時代、映画館でアルバイト経験あり)