記録することによって見えてくるもの

月次資金収支計画表を作成すると資金繰りが楽しくなる?①

かわべ
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
かわべ
生誕:1969年 東京 生まれ 趣味:楽器演奏(St.Bass、E.Bass)     読書(ミステリー)     映画鑑賞(学生時代、映画館でアルバイト経験あり)
<スポンサーリンク>  
 

個人事業主や小規模の企業では、会計ソフト等で作成される資金繰り表よりも、日々の収支計画表の作成が不可欠となります。

また、日々の収支計画表とともに年単位での収支計画表も作成しておくと良いでしょう。


<スポンサーリンク>    
 

月次資金収支計画表の作成

この収支計画表については、試行錯誤しながら、事務をこなしつつ徐々に作成されるものであり、人それぞれのスタイルがあるようです。

私が現在、作成途中の資金繰り表は次のようなものです。

収支計画表

個人事業主の場合、資金にあまり余裕があない経営者は、事業用の収支と生活用の収支を管理する必要があります。そのようなケースを想定し収支計画表の作成に着手していますが、試行錯誤が続いております。(収支計画表の作成については進捗度合を都度、記載していく予定です。)

 

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

この記事を書いている人 - WRITER -
かわべ
生誕:1969年 東京 生まれ 趣味:楽器演奏(St.Bass、E.Bass)     読書(ミステリー)     映画鑑賞(学生時代、映画館でアルバイト経験あり)

報酬のお見積り

法人の顧問報酬と決算報酬を、前期の売上実績当期の売上予測でお見積もりすることができます。(※)

LINK 報酬お見積もり【法人用】 web

お名前やメールアドレスの入力は必要ありません。ウェブ上で簡単にお見積もりができます。

※ オプション料金は別途となります。

Copyright© J-musu-no-blog , 2014 All Rights Reserved.