記録することによって見えてくるもの

平成26年分の個人事業者の消費税等の申告期限

かわべ
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
かわべ
生誕:1969年 東京 生まれ 趣味:楽器演奏(St.Bass、E.Bass)     読書(ミステリー)     映画鑑賞(学生時代、映画館でアルバイト経験あり)
<スポンサーリンク>  
 

本日、平成27年3月31日は、平成26年分の個人事業者の消費税等の申告期限です。

 H26個人事業者の消費税等の申告期限_11

申告義務のある方は忘れずに、申告しましょう。


<スポンサーリンク>    
 

申告する必要のある人

申告する必要のある人は次のとおりです。(この時点で確認するのもなんですが・・・)

(国税庁;確定申告時期に多い問い合わせ事項Q&A>【消費税及び地方消費税の申告等】Q24より)

平成26年分の消費税及び地方消費税の確定申告をする必要がある方は、次の方です。

  1. (1) 基準期間(平成24年分)の課税売上高が1,000万円を超える方
  2. (2) 基準期間(平成24年分)の課税売上高が1,000万円以下で「消費税課税事業者選択届出書」(PDFファイル/200KB)を提出している方
  3. (3) (1)、(2)に該当しない場合で、特定期間(平成25年1月1日から平成25年6月30日までの期間)の課税売上高が1,000万円を超える方
    なお、特定期間における1,000万円の判定は、課税売上高に代えて、給与等支払額の合計額によることもできます。

    • [注] 上記に該当する方は、平成26年分の課税売上高が1,000万円以下であっても申告する必要がありますので、ご留意ください。

■□◆◇ 編集後記 ◇◆□■

今日も、関東は暖かいです。

 

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

この記事を書いている人 - WRITER -
かわべ
生誕:1969年 東京 生まれ 趣味:楽器演奏(St.Bass、E.Bass)     読書(ミステリー)     映画鑑賞(学生時代、映画館でアルバイト経験あり)

報酬のお見積り

法人の顧問報酬と決算報酬を、前期の売上実績当期の売上予測でお見積もりすることができます。(※)

LINK 報酬お見積もり【法人用】 web

お名前やメールアドレスの入力は必要ありません。ウェブ上で簡単にお見積もりができます。

※ オプション料金は別途となります。

Copyright© J-musu-no-blog , 2015 All Rights Reserved.