記録することによって見えてくるもの

強粘着タイプの付箋を利用して資料を整理する

かわべ
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
かわべ
生誕:1969年 東京 生まれ 趣味:楽器演奏(St.Bass、E.Bass)     読書(ミステリー)     映画鑑賞(学生時代、映画館でアルバイト経験あり)
<スポンサーリンク>  
 

領収書を整理する記事でも書きましたが、私は、強粘着タイプの付箋を使っています。

(Amazonより)

(上の画像をクリックするとAmazonへ)


<スポンサーリンク>    
 

強粘着タイプの付箋

資料をファイリングする場合の見出しにしたり、領収書等に貼り付けて、なるべく長い期間、使うことが予想される場合には強い粘着タイプのものを使っています。

(Amazonより)

(上の画像をクリックするとAmazonへ)

小さい付箋(ミニサイズ)

仕訳のチェックなど、長い時間貼り付けておかない場合は小さい付箋(ミニサイズ)を使っています。粘着の強さにはこだわっていません。

(Amazonより)

(上の画像をクリックするとAmazonへ)


■□◆◇ 編集後記 ◇◆□■

今日は暖かかったですね。昼間の中央線快速の車内は暑かったです。

 

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

この記事を書いている人 - WRITER -
かわべ
生誕:1969年 東京 生まれ 趣味:楽器演奏(St.Bass、E.Bass)     読書(ミステリー)     映画鑑賞(学生時代、映画館でアルバイト経験あり)

Copyright© J-musu-no-blog , 2015 All Rights Reserved.