Excelファイルに名前をつけて保存するマクロを作成する

<スポンサーリンク>  
 

Excelで実行中のファイルに名前をつけて新規に保存する

マクロについて記載します。

 

book_test_18

 

(マクロ実行環境:Windows7、Excel2010)

<スポンサーリンク>    
 


● ファイルの上書き保存

ファイルを上書き保存する場合、私は次のように記述しました。

 

book_test_11

 

ActiveWorkbook.Save」のみを記載すると、確認画面等の

表示がなく、すぐに上書き保存されるため、私はIF構文を作成して

確認画面を表示してから上書きするように記述しています。

● ファイルに名前をつけて保存

実行中のExcelファイルに名前をつけて保存する場合、

私は次のように記述しました。

 

book_test_12

 

先ほどの上書き保存の時に記述した「ActiveWorkbook.Save」の

後に「As FIlename:=」を記述し、その途にファイル名を記述すると

その記述したファイル名で保存することができます。

 

上記の例では、InputBoxを使ってファイル名を入力するように

しました。

実行すると次のとおりです。

 

book_test_13

 

 

「ファイル名をつけて保存しますか?」の画面でOKをクリックすると

「ファイル名を入力してください。」という画面が表示されます。

 

「テスト」と入力してOKをクリックすると、次のように実行している

Excelの上部に表示されているファイル名が変更されます。

 

book_test_14

● 保存先を指定する

ファイルの保存先を指定することができます。

デスクトップに保存するため次のように記述しました。

 

book_test_15

 

今回は「FIlename:=」の後の記述が長くなるのでファイル名は

変数strAaを宣言し、InputBoxで入力した文字を代入するように

記述しました。。

(上の画像のピンク色の枠囲み部分)

 

デスクトップに保存する場合は、上の画像の緑色の枠囲み

部分のとおり、「”C:¥Users¥”」、「”PCのユーザー名”」、

「”¥Desktop¥”」の後に、「ファイル名strAa」と記述すると

使用しているPCのデスクトップに保存されます。

 

先ほどのようにファイル名を「テスト」として実行すると

次のとおりデスクトップに保存されます。

 

book_test_16

● PCのユーザー名を検索して保存

デスクトップに保存する場合で、PCのユーザー名を記述して

おくと、PCが変わった時に対応できなくなるため、私は、

次のように記述しました。

 

book_test_17

変数strCaobjNaを定義して、上の画像の赤い枠囲み

部分のように記述してstrCaにユーザー名を代入しました。

 

(この部分の記述は次のページを参考にしました。)

『moguモーグ』

ユーザー名やコンピューター名を取得する(WshNetworkオブジェクト)

 

上の画像の緑色の枠囲みのとおり、ユーザー名strCa

記述してデスクトップに保存しました。

● まとめ

実は上記のようなExcelファイル(マクロ有効)に「新しい

名称をつけて保存する」というマクロを作成することは、

あまりありません。

 

私はマクロ有効ファイルの一部のシートを抜き出して、

csvデータで保存するというケースが多いので

次回以降に記事にしてみます。

 

■□◆◇ 編集後記 ◇◆□■

今日は風が冷たいですね。

外で電話をしていたら、手が悴んでしまいました。

 


<スポンサーリンク>


<このブログの管理人>
勤務先 ⇒ UI総合事務所
 
<お問い合わせ先>
 税務顧問等をご希望の方は、UI総合事務所のお問い合わせページよりお問い合わせください。

<スポンサーリンク>


<スポンサーリンク>








Pocket
Bookmark this on Google Bookmarks
LINEで送る

ABOUTこの記事をかいた人

生誕:1969年 東京 生まれ 趣味:楽器演奏(St.Bass、E.Bass)     読書(ミステリー)     映画鑑賞(学生時代、映画館でアルバイト経験あり)