記録することによって見えてくるもの

「住宅取得等資金の贈与税の非課税のあらまし」が掲載されました

    
住宅取得等資金の贈与税の非課税の画像
\ この記事を共有 /
「住宅取得等資金の贈与税の非課税のあらまし」が掲載されました

国税庁のホームページに「住宅取得等資金の贈与税の非課税のあらまし」が掲載されました。

(国税庁「住宅取得等資金の贈与税の非課税のあらまし」より)

住宅取得当資金の贈与税の非課税_11

制度の概要は「あらまし」を参照してください。私が気になった点を以下に記載しておきます。


年度による非課税限度額の違いに注意

この制度は、「住宅用の家屋の新築等に係る契約の締結日」によって非課税となる限度額が違います。(非課税限度額は、リンク先でご確認ください)

(国税庁「住宅取得等資金の贈与税の非課税のあらまし」2ページより)

住宅取得当資金の贈与税の非課税_12

住宅を取得(建築等)するには、土地を探すことから始めるとかなりの時間を要する場合もあるかと思います。

税額が少なくなるのは魅力だと思いますが、節税を優先して、実際に居住してみると・・・なんてことがないように、節税も含めて家族等でしっかり検討する必要があります。

 

こお制度の適用を受けるためには贈与税の申告が必要です

この制度の適用をうけるためには、贈与税の申告をする必要があります。

(国税庁「住宅取得等資金の贈与税の非課税のあらまし」5ページより)

住宅取得当資金の贈与税の非課税_13


■□◆◇ 編集後記 ◇◆□■

今日も涼しいですね。歩くと汗をかきますが。週末、ゆっくりしてしまったので、やることが山積しています。

Copyright©税理士かわべのblog,2015All Rights Reserved.