【経理事務】摘要はわかりやすい言葉で記録する

<スポンサーリンク>  
 

仕訳を記録するときの摘要に何を記載していますか?

摘要の記載事項

<スポンサーリンク>    
 

摘要はわかりやすい言葉で記録する

摘要には、次の2つは欠かさずに記載しているかと思います。

□ 支払先

□ 何を買ったか、どんなサービスを受けたか?

私は、次の科目の場合、クライアントにそれぞれの事項の記載をお願いしています。

 

売掛金(売上高)・・・補助科目を設けている場合

□ 請求書番号

 

買掛金(仕入高・外注費)・・・補助科目を設けている場合

□ 請求書に記載されている請求書番号など

 

交際費

□ 接待、贈答等の相手先の名称、関係

□ 飲食時には、接待先の名称等、参加者氏名など

(参加者が複数の場合は、代表的な立場の方の氏名と人数)

 

消耗品費

(1) 10万円以上30万円未満の場合

□ 製造元、製品の型番等

 

(2) 10万円未満の製品等を一括で購入した場合

□ 各製品の単価が10万円未満である旨

 

水道光熱費・通信費

□ 何月分(何月使用分)か

 

まとめ

「記録」として、会計データを有効に利用するためには、入力スピード、摘要の文字制限を考慮しながら、できる限り詳しく、わかりやすい言葉で記録してみてください。

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る