記録することによって見えてくるもの

DATE関数を使って日付を表す

かわべ
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
かわべ
生誕:1969年 東京 生まれ 趣味:楽器演奏(St.Bass、E.Bass)     読書(ミステリー)     映画鑑賞(学生時代、映画館でアルバイト経験あり)
<スポンサーリンク>  
 

ExcelのDATE関数を使って日付を表示する方法について記載します。

date_test_11

(使用Excel;2010)

参考 support office;DATE関数


<スポンサーリンク>    
 

DATE関数の基礎

DATE関数は次のように記述します。

「=DATE(年,月,日)」

date_test_11

例えば、上の画像のA3セルには次の式が入力されていて、B3、C3、D3の各セルの数値を参照し、A3セルに日付データを表示するようになっています。

「=DATE(B3,C3,D3)」

また、上の画像のA2セルには次の式が入力されています。

「=DATE(B2,C2,D2)」

しかし、B2、C2、D2の各セルに数値が入力されていないためエラーとなってしまっています。(上の画像の緑色の楕円部分)

 

DATE関数の引数にいろいろな値を設定してみました

DATE関数の「年、月、日」のそれぞれの引数にいろいろな値を設定し、エラーになるかどうかを確認してみました。下の画像で確認してみてください。

date_test_12

 

DATE関数の使用例

例えば、次のようなシート名称に年月(下の例では「201504」)を設定し、シートには年月を省略して日付を入力するセル(下の例ではC列)を設定した出納帳を作成しました。

date_test_13

この出納帳から会計ソフトへデータを吸い上げるためには「日」の数値だけではうまくいかないため、年月(シート名称)と「日」の数値をDATE関数を使って組み合わせて、日付データを作成します。

このため、シート名称を一部をセルに表示する方法を記載しておきます。(※ 実際はもっと簡潔な方法もありますが、DATE関数の使用方法の確認ですので、ちょっと手間をかけています。)

シート名称の一部をセルに表示する方法

date_test_14

A列とB列は、シート名称を参照し年、月の数値を表示するようにしています。

A列の式は次のとおり。

「=LEFT(MID(CELL(“filename”,$A$1),FIND(“]”,CELL(“filename”,$A$1))+1,31),4)」

関連記事Excelのシート名称をセルに表示する

IF関数で空白セルにも対応したDATE関数の使用例

DATE関数は空白セルがあるとエラーとなってしまうため、上の画像のK列にはIF関数とDATE関数を使って、C列(「日」を入力る列)が空白でなければ、同じ行のA列、B列、C列のセルを参照し、日付データを表示するようにします。

式は次のとおり。(2行目の場合)

「=IF([@日]=””,””,DATE(A2,B2,C2))」

※ テーブル機能を使っているので、テーブル機能を使わない場合に「C2」セルと記述すべきところが「[@日]」と記述されています。

まとめ

DATE関数はあまり使う機会がないかと思います(私はあまり使いません。)が、参考にしてみてください。


■□◆◇ 編集後記 ◇◆□■

昨日、今日と関東は暑いですね。外が暑いのに加え、PCを使っていると部屋の気温はどうしても高くなってしまうので、クーラーが欠かせないです。

 

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

この記事を書いている人 - WRITER -
かわべ
生誕:1969年 東京 生まれ 趣味:楽器演奏(St.Bass、E.Bass)     読書(ミステリー)     映画鑑賞(学生時代、映画館でアルバイト経験あり)

報酬のお見積り

法人の顧問報酬と決算報酬を、前期の売上実績当期の売上予測でお見積もりすることができます。(※)

LINK 報酬お見積もり【法人用】 web

お名前やメールアドレスの入力は必要ありません。ウェブ上で簡単にお見積もりができます。

※ オプション料金は別途となります。

Copyright© J-musu-no-blog , 2015 All Rights Reserved.