ExcelのPHONETIC関数でフリガナを表示し、ASC関数でフリガナを半角にする

<スポンサーリンク>  
 

ExcelでPHONETIC関数を使うと参照範囲(文字列)のフリガナを表示することができ、さらにASC関数を使うとそのフリガナを半角にすることができます。

PHONETIC関数_11

(使用Excel;2013)

参考

参考 Office Support;PHONETIC関数

参考 Office Support;ASC関数

参考 Office Support;JIS関数


<スポンサーリンク>    
 

PHONETIC関数

PHONETIC関数は次のように記述します。

「=PHONETIC(参照)」

引数の「参照」には、文字列を含む1つまたは複数セルを指定します。

複数のセル(A2セルとB2セル)を指定した場合は、次のように表示されます。

PHONETIC関数_12

 

ASC関数

ASC関数は文字列を半角に変換して表示してくれます。

「=ASC(文字列)」

PHONETIC関数_13

 

JIS関数

JIS関数を使うと半角を全角に変換して表示してくれます。

「=JIS(文字列)」

PHONETIC関数_14

■□◆◇ 編集後記 ◇◆□■

昨日は、関東でかなり暑くなりぐったりしました。といっても35℃には遠く及ばず、8月上旬の暑さと比較するとたいしたことないですね。

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る