初心者がWordPressをXAMPPで整えたローカル環境にインストール

<スポンサーリンク>  
 

WordPressをXAMPPで作成したローカル環境にインストールする方法について記載します。

ITの専門家ではないので、初心者の経験談というコンセプトで記事にしてみました。

wordpress_ローカル環境_21

<スポンサーリンク>    
 

XAMPPをインストール

WordPressをインストールするためにXAMPPをインストールしました。これについては次の記事を参考にしてみてください。(私も記事を書いていますが、手順については、次の記事がとても参考になりますので、そちらで確認してみてください。)

はぴすぷXAMPPで簡単にWeb開発環境(Apache・MySQL・PHP)を整える設定手順

はぴすぷ【XAMPP】2015年10月から導入手順がまた難解に!対応の方法!securityが無い!

はぴすぷXAMPPのMySQLをコマンドプロンプトから使用する。Windows環境変数Pathの設定

 

(私の記事)初心者がXAMPPでPHPの開発環境を整える(Windows)

 

データベースの準備

phpMyAdminにログイン

XAMPPでPHPの開発環境を整えたら、Wordpressをインストールするためのデータベースを用意します。XAMPPを起動して、「Apache」と「MySQL」の「Start」をクリックします。

PHP開発環境_23

MySQLの「Admin」をクリックしてphpMyAdminにログインします。

 

phpMyAdminでデータベースを作成

phpMyAdminでデータベースを作成します。一番左のタブの「データベース」をクリックします。

(バズ部;XAMPPを使ってローカル環境にWordPressをインストールする方法)を参考にしています。)

wordpress_ローカル環境_11

次のようにデータベースの名称を「blog」と設定し「作成」をクリックしました。

(照合順序は参考記事(バズ部;XAMPPを使ってローカル環境にWordPressをインストールする方法)とおり、utf8_general_ci」を選択しました。)

wordpress_ローカル環境_12

 

WordPressをインストール

WordPressダウンロードして解凍

次の「WORDPRESS.ORG 日本語」のページよりWordPressをダウンロードして、解凍します。(この時点ではとりあえず任意のフォルダで解凍しました。)

wordpress_ローカル環境_14

 

解凍したWordPressのフォルダをXAMPPのhtdocs下へ配置

解凍したWordPressのフォルダをXAMPPのhtdocsの下に配置します。

wordpress_ローカル環境_15

(ちょっと失敗)

ここで私はちょっと失敗しました。最初にWordPressを任意のフォルダに解凍して、htdocsの下へ移動したのですが、WordPressフォルダ内のすべてファイルを移動できませんでした。(原因はわかりませんでした。)

その結果、WordPressフォルダ内の「index.php」にアクセスしても次のようなメッセージが表示され、WordPressの最初の画面が表示されなくなってしまいました。何度やってもうまくいかないため、解凍したフォルダを削除して、再度、WordPressをダウンロード、解凍、htdocsの下へ配置という手順をやり直して、先に進むことができました。

 wordpress_ローカル環境_13

 

XAMPPを起動して、WordPressを開く

WordPressフォルダを設置したら、XAMPPを起動して、ApacheとMySQLの「Start」をクリックします。ブラウザを起動し、アドレスバーに次のように打ち込み、WordPressを開きます。

「http://localhost/wordpress/」

解凍したWordPressのフォルダをXAMPPのhtdocsの下に配置します。

 

WordPressのデータベース、Passを設定

WordPressを開くと次のような画面が表示されます。

wordpress_ローカル環境_17

左下の「さあ、始めましょう!」をクリックします。次のような画面が表示されますので、データベースの設定で設定したデータベース名称とMySQLのユーザー名とパスワードを入力し、左下の「送信」をクリックします。

wordpress_ローカル環境_18

送信後、次のような画面が表示されますので、左下の「インストール実行」をクリックします。

wordpress_ローカル環境_19

 

 

WordPressの必要情報(サイトのタイトル、ユーザー名、パスワード等)を設定

インストールが完了すると次のような画面が表示されます。必要情報を入力し、左下の「WordPressをインストール」をクリックします。

wordpress_ローカル環境_20

インストールが完了すると「必要情報」のところで記載してユーザー名とパスワードを入力して、ローカル環境にインストールしたWordPressのダッシュボードを開くことができます。

今回、WordPressで実験したいことがあり、ローカル環境を整えたのですが、XAMPPを利用しない簡単な方法があるようです。ちょっと遠回りしてしまったかも知れません。XAMPPを使用しない方法は試していませんが、いろいろ勉強になったので、XAMPPで問題ありません。


■□◆◇ 編集後記 ◇◆□■

今日の関東は、蒸し暑いです。お昼頃によった税務署で缶コーヒーを一気飲みです。


<スポンサーリンク>


お知らせ等

<このブログの管理人>
勤務先 ⇒ UI総合事務所
 
<お問い合わせ先>
 税務顧問契約等をご希望の方は、UI総合事務所のお問い合わせページよりお問い合わせください。

 税理士かわべと直接、顧問契約等をご希望の方はお問い合わせページよりお問い合わせください。

<スポンサーリンク>


<スポンサーリンク>








Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

ABOUTこの記事をかいた人

生誕:1969年 東京 生まれ 趣味:楽器演奏(St.Bass、E.Bass)     読書(ミステリー)     映画鑑賞(学生時代、映画館でアルバイト経験あり)