平成28年分の給与所得者の扶養控除等(異動)申告書が掲載されました。

平成28年分_給与所得者の扶養控除等(異動)申告書の画像の一部

<スポンサーリンク>  
 

こんにちは。税理士のかわべです。

平成27年9月25日付けで国税庁のサイトに、平成28年分の給与所得者の扶養控除等(異動)申告書が掲載されました。


<スポンサーリンク>    
 

平成28年分の扶養控除等(異動)申告書

今年の年末は、年末調整計算よりもマイナンバーを記載するようになる「平成28年分給与所得者の扶養控除等(異動)申告書」に注目が集まっているようです。

H27.6.30付けで掲載されていた様式のイメージと大きく変わった点はないようです。

 

控除対象扶養親族等が非居住者の場合

控除対象者が非居住者であるか否かを記載する欄ができました。

(国税庁;平成28年分給与所得者の扶養控除等(異動)申告書(PDF/631KB)より)

平成28年分_給与所得者の扶養控除等(異動)申告書_生計を一の画像

 

この控除対象者が非居住者である場合については、平成28年分の扶養控除等(異動)申告書の裏面に次のように記載されています。

⑸ 控除対象配偶者又は控除対象扶養親族が非居住者である場合には、「非居住者である親族」欄に○印を付けてください。

⑺ 「生計を一にする事実」欄には、控除対象配偶者又は控除対象扶養親族が非居住者である場合には、年末調整時に、平成 28 年中にその親族に送金等をした金額の合計額を記載してください。

 

また、記載例ではつぎのようになっています。

平成28年分_給与所得者の扶養控除等(異動)申告書_生計を一の記載例の画像の一部

「生計を一にする事実」には、(平成28年分の)年末調整時に「平成28年中にその親族に送金等をした金額の合計額」を記載するため、今度の年末調整で受け取るときには空欄で提出してもらうことになるようです。

(上の画像の緑色の枠囲み)

⇒ 年末調整の担当者は、年末調整時点で送金等の合計額を慎重に確認する必要があります。

平成28年分 給与所得等に対する源泉徴収簿

平成28年の源泉徴収簿も掲載されましたが、マイナンバーを記載する箇所はないようです。

H27_年末調整の仕方_15

平成27年分の年末調整のしかた

平成28年分の給与所得者の扶養控除等(異動)申告書の掲載に加え、平成27年分の年末調整関連の資料も掲載されました。

(国税庁;平成27年分 年末調整のしかたより)

H27_年末調整の仕方_11


■□◆◇ 編集後記 ◇◆□■

10/1から消費税の取り扱いが変わる取引があるので、再度、勉強中です。細かい部分を考えるとなかなか難しいです。

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る