記録することによって見えてくるもの

eLTAXの利用届出等手続きのJava実行環境が3月14日から不要

かわべ
WRITER
 
eLTAX_Java実行環境不要の画像
この記事を書いている人 - WRITER -
かわべ
生誕:1969年 東京 生まれ 趣味:楽器演奏(St.Bass、E.Bass)     読書(ミステリー)     映画鑑賞(学生時代、映画館でアルバイト経験あり)
<スポンサーリンク>  
 

eLTAXでは電子申告の利用届出(新規)及び申請・届出の手続きをする際にJava実行環境が必要でしたが、平成28年3月14日からは不要になるそうです。

eLTAX;Java実行環境が不要になります(PDFファイル)(リンク切れ)より)

eLTAX_Java実行環境不要_11

参考

参考 eLTAX;3月14日からJava実行環境が不要になります(リンク切れ)

参考 eLTAX;Java実行環境が不要になります(PDFファイル)(リンク切れ)


<スポンサーリンク>    
 

eLTAXのJava実行環境

eLTAXでは利用届出(新規)及び申請・届出の手続きをする場合は、Javaの実行環境を整える必要がありました。

eLTAX;Java実行環境が不要になります(PDFファイル)(リンク切れ)より)

eLTAX_Java実行環境不要_13

上記のとおりJavaをインストールする手順があるのですが、届出書を提出した後にアンインストールをしないと、次に届出を出すときにはうまく作動しないということが多々ありました。

これは、Javaの最新バージョンとeLTAXサイトのJava実行のバージョンが異なるためにおこる不具合で、Javaをインストールしているなら最新版にアップデートするというセキュリティ面を重視した行動により引き起こされる不具合でなんとも言えない歯がゆさがありました。

Javaを届出書を提出した後にJavaをアンインストールするのは、手間に感じてしまいやっていませんでした。

このJavaの影響なのかどうかはわかりませんが、最初の頃は届出書を送信したあとの画面(利用者IDが記載されているとても重要な画面)が「真っ白で何も表示されない」という経験をした税理士事務所の方は多いのではないでしょうか。最近はありませんが、このような不具合からもおさらばできるのでしょうか?

eLTAX;3月14日からJava実行環境が不要になります(リンク切れ)より)

eLTAX_Java実行環境不要_12

 

eLTAXのJava実行環境不要のイメージ

Java実行環境がなくなると、届出書の提出は次のようなイメージで行うようです。(eLTAX;Java実行環境が不要になります(PDFファイル)(リンク切れ)より)

eLTAX_Java実行環境不要_14

電子署名を付与する場合は、最初にActiveXコントロールをインストールしなければいけないようですが、本人の利用届出の場合は、電子署名を付与しないでも提出することできるので、手間がなくなりだいぶ楽になりそうです。


■□◆◇ 編集後記 ◇◆□■

昨日は終日、領収書の整理。また腰に・・・。ほぼ終わりました。

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

この記事を書いている人 - WRITER -
かわべ
生誕:1969年 東京 生まれ 趣味:楽器演奏(St.Bass、E.Bass)     読書(ミステリー)     映画鑑賞(学生時代、映画館でアルバイト経験あり)

報酬のお見積り

法人の顧問報酬と決算報酬を、前期の売上実績当期の売上予測でお見積もりすることができます。(※)

LINK 報酬お見積もり【法人用】 web

お名前やメールアドレスの入力は必要ありません。ウェブ上で簡単にお見積もりができます。

※ オプション料金は別途となります。

Copyright© J-musu-no-blog , 2016 All Rights Reserved.