ExcelのDMAX関数で最大値、DMIN関数で最小値を表示する

Excel_DMAX関数、DMIN関数の画像

<スポンサーリンク>  
 

Excelでデータから条件に一致する最大値を検索するにはDMAX関数、最小値を検索するにはDMIN関数を使用します。

DMAXDMIN_15

 

(使用Excel;2010)

参考

参考 Office Support;DMAX関数

参考 Office Support;DMIN関数


<スポンサーリンク>    
 

ExcelでDMAX関数で最大値、DMIN関数で最小値を表示

Excelで次のような表を作成しました。(消費税等の率は8%です。)

 

DMAX関数、DMIN関数の記述方法

DMAX関数、DMIN関数は次のように記述します。
DMAXDMIN_12
各引数を省略することはできません。(Office Support;DMAX関数より)

DMAXDMIN_13

Office Support;DMIN関数にも同じことが記載されています。

 

DMAX関数、DMIN関数の使用例

DMAX関数、DMIN関数の使用例として次のようなExcelのシートを用意しました。

DMAXDMIN_11

 

この表のなかで各商品の最大個数と最小個数を求めてみました。

DMAXDMIN_14

商品名Aの最大値のセルは次のように記述しました。(上の画像の赤色の枠囲み部分)

データベースを『A1セルからF21セルまで(表全体)』、フィールドを『D1セル(個数)』、検索条件を『H3セルからH4セルまで』と記述しました。

ポイントは、データベースを指定するときは、見出しを含めて記述するということと、検索条件に列見出しのセル作成して記述することです。

 


■□◆◇ 編集後記 ◇◆□■

関東は梅雨明けが近いそうで今日が今年の梅雨の最後の雨になるかもしれません。ここ数日、(夏にしては)涼しくて良かったのですが、暑くなりそうですね。

新しい眼鏡にはブルーライトカット加工を施してあるのですが、正直、違いがわかりません。(普通はわからないのかな?)

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る