平成27年4月1日以後開始事業年度用の法人税の申告書確認表

<スポンサーリンク>  
 

国税庁のサイトに平成27年4月1日以後開始事業年度用の法人税の申告書確認表が公開されています。3月決算を前に確認しておきましょう。

(国税庁;リーフレット「申告書の自主点検と税務上の自主監査」に関する確認表の活用について (PDF)より)

h270401_法人税申告確認表_11


<スポンサーリンク>    
 

申告書確認表の活用

申告書確認表は、法人税の申告書の自主的な確認に使われるチェックリストです。上の画像のとおり、税務署に提出する必要はありません。

たとえば平成27年4月1日以後開始事業年度の単体法人用は次のとおりです。

(国税庁;平成27年4月1日以後開始事業年度等又は連結事業年度等分>申告書確認表(単体法人用)(PDF)より)

h270401_法人税申告確認表_12

 

オリジナルのチェックリストの作成

私は申告書確認表等を参考にオリジナルのチェックリストを作成しています。(おそらくほとんどの税理士がなんらかのチェックリストを作成していると思います。)

チェックリストは、事前チェック用と事後チェック用の2つを作成しています。事前チェック用は消費税用と法人税用に分けて作成しています。

 

事前チェックリスト(消費税)

[aside type=”boader”]□ 基準期間、特定期間の課税売上高

□ 過去の届出書の提出状況

□ 申告のお知らせに記載された内容

など[/aside]

 

事前チェックリスト(法人税)

[aside type=”boader”]□ 本店、支店等の住所、従業員数

□ 事業年度の変更状況等

□ 役員等の異動

□ 株式の異動

など[/aside]

 

事後チェックリスト

事後チェックリストでは、会計処理内容、申告書等の記載内容、申告後の手続き(異動届、事前確定届出給与の届出、消費税の届出など)、役員報酬の増減の検討などをチェック項目としてリストアップしています。


■□◆◇ 編集後記 ◇◆□■

関東では、あさから冷たい雨です。雪のところもあるようですが、交通機関への影響はほとんどなかったですね。確定申告時期なので心配でしたが・・・。

 

 

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る