医療費を集計するなら国税庁が公開する「医療費集計フォーム」が便利

<スポンサーリンク>  
 

こんにちは。税理士のかわべです。

確定申告で医療費控除を受けるためには、1年分の医療費の領収書を集計しなければなりませんが、電卓を使い慣れていないとかなり時間がかかります。

医療費控除を受けるなら、国税庁が公開している「医療費集計フォーム」を利用して医療費の領収書を集計してみてはいかがでしょうか?

このフォームは、国税庁の「確定申告書作成コーナー」で読み込みができるため、特にe-Taxを利用して電子申告をする場合は便利です。

[aside type=”pink”]平成29年分の医療費控除の明細書のイメージが公開されました。次の記事を参考にしてみてください。e-Tax用のフォームはまだ公開されていないようです。
関連記事 平成29年分の所得税の医療費控除に関する明細書のイメージが公開されました

e-Taxのフォームも公開されました。

LINK 国税庁;平成29年分確定申告特集医療費集計フォームのダウンロード

[/aside] [aside type=”yellow”]この記事は過去に作成した記事を平成28年分の確定申告用にリライトしたものです。[/aside]

参考

参考 国税庁;平成28年分確定申告特集>医療費控除の準備


<スポンサーリンク>    
 

医療費集計フォームとは

「医療費集計フォーム(リンク切れ)」(クリックするとダウンロード画面が開きます。)は国税庁が公開している、Excel等の表計算ソフトで医療費の集計ができるフォームです。

この集計フォームは、国税庁の「確定申告書作成コーナー」で申告書を作成する場合、「医療費の入力方法選択」の画面で、「医療費集計フォームに入力したデータを読み込む」をチェックして作成した集計フォームを読み込むことができます。

※ 「医療費の合計額のみを入力する」について

「医療費の合計額のみを入力する」というのは、一見、便利そうですが、e-Taxを利用して申告する場合でも領収書を添付(又は提示)しなければいけないので、e-Taxを利用する場合は、医療費集計フォームを利用したほうが良いでしょう。(チェックすると次のような注意書きが表示されます。)

[lnvoicer icon=”https://ar-kawabe.com/blog/wp-content/uploads/2015/06/1527_Ako_NC_31.jpg” name=”管理人”]集計した表をそのまま読み込めるので、時間短縮になり、医療費の領収書の添付を省略することもできるので便利ですね。[/lnvoicer] [aside type=”yellow”]H29.1.31追記 ⇒ 平成29年分の確定申告で平成30年1月1日以後に提出する申告書からは、医療費の領収書の添付等が不要になる予定です。

控除を受ける場合は、医療費の明細書又は医薬品購入費の明細書(※)を確定申告書に添付する必要があり、領収書は5年間、保存しなければなりません。

LINK 財務省>平成29年度税制改正大綱(PDF)>21ページから

※ 医薬品購入の明細書は「特定一般用医薬品等購入費を支払った場の医療費控除の特例(セルフメディケーション税制)」という新しい制度で作成する明細書です。私はまだ記事を書いていませんので、税理士の井ノ上先生の記事を参考にしてみてください。

LINK EX-IT>薬で節税!2017年1月からのセルフメディケーション税制の医療費控除との違い・注意点

[/aside]

 

医療費集計フォーム利用の注意点

医療費集計フォームは、Excel等の表計算を利用しますが、次のような注意点が掲載されています。

(国税庁;平成28年分 所得税及び復興特別所得税の確定申告書作成コーナー>医療費集計フォームより)

国税庁の医療費集計フォームのダウンロード手順

確定申告特集からアクセスする方法

国税庁の確定申告特殊のページから医療費集計フォームのダウンロードページにアクセスする手順を記載しておきます。

● 国税庁の確定申告特集にアクセスして「確定申告に関する情報」をクリック

国税庁の平成28年確定申告特集(リンク切れ)を開き、「確定申告に関する情報」(下の画像の赤色の枠囲み部分)をクリックします。

●「医療費控除の準備」をクリック

「確定申告に関する情報」の「3.更に詳しい情報を調べる」のなかの「→医療費控除の準備」(下の画像の赤色の枠囲み部分)をクリックします。

●「医療費集計フォームをダウンロードする」をクリック

医療費控除の準備の画面の中央付近の「→医療費集計フォームをダウンロードする」(下の画像の赤色の枠囲み部分)をクリックします。

(下の画像の赤色の枠囲み部分)

●「医療費集計フォームをダウンロードする」をクリック

「医療費集計フォームダウンロード」ダイアログボックスが開きますので、Excelの文字(又はマーク)あたりをクリックします(下の画像の赤色の枠囲みあたり)

 

確定申告書作成コーナーからアクセスする方法

国税庁の確定申告書作成コーナーから医療費集計フォームのダウンロードページにアクセスする手順を記載しておきます。

● 国税庁の確定申告特集にアクセスして「確定申告に関する情報」をクリック

国税庁の確定申告書作成コーナーを開き、左側のメニューのなかから「⇒医療費集計フォーム」(下の画像の赤色の枠囲み部分)をクリックします。

●「医療費集計フォーム ダウンロード」をクリック

表示された医療費集計フォームのページの真ん中に表示された「医療費集計フォーム ダウンロード」(下の画像の赤色の枠囲み部分)をクリックします。

■□◆◇ 編集後記 ◇◆□■

 東京では雪の予報もありましたが、ほとんど降らなかったですね。今日は、風が強いです。 

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る