記録することによって見えてくるもの

フリーランスの健康管理を考える

かわべ
WRITER
 
フリーランスの兼官管理の画像
この記事を書いている人 - WRITER -
かわべ
生誕:1969年 東京 生まれ 趣味:楽器演奏(St.Bass、E.Bass)     読書(ミステリー)     映画鑑賞(学生時代、映画館でアルバイト経験あり)
<スポンサーリンク>  
 

フリーランスの健康管理について考えてみました。

フリーランスの兼官管理の画像

フリーランスは、自由に行動計画を立てられるため、健康管理がおろそかになりがちです。

昨年、手術により多くの方に助けていただいた私が、自分自身の健康管理方法を記事にしてみます。(大した内容ではありません。ちょっと思うところがあったので記事にしてみました。)

健康管理の方法は、種々あるかと思いますので、ご自身の信じる方法で良いかと思います。(私の方法を勧めているわけではありません。)

<スポンサーリンク>    
 

フリーランスの健康管理

健康診断・人間ドックを受ける

健康診断や人間ドックを受診し、自分の健康状態を把握しておくことが大事です。

行政から推奨される健康診断と病院が推奨する人間ドック、どちらが良いかというのは一概には言えないと思いますが、私の場合は、40代前半までは、市区町村の健康診断と(その健康診断とは別に)血液検査、胃カメラ、大腸カメラ、上半身のレントゲンやCTをほぼ定期的(受診の間隔はそれぞれ違います。)に受診していました。

40代後半からは人間ドックを受信するようにしました。

※ 被ばくの問題があるということでレントゲンやCTをどのタイミングで受診するかということについては、専門医に相談しながら決めています。

 

ホームドクターを見つける

自分の症状について相談できるドクターはいますか?私は、特定のドクター(「ホームドクター」)に相談しています。

税理士という仕事柄、会計や税務についての相談を受けますが、相談される方々のなかに知識の偏りにより「勘違いされているな~」と感じる機会が多いです。

医療についても、書籍やWebの情報である程度の知識を得ることができますが、すべては一般的な(平準的な?)見解が記載されているだけですので、それらの情報だけで判断してしまうのは危険だと感じています。(私はそれらの情報で不安になってしまうことが多いです。私の症状の場合にはあてはまらないケースを勝手に自分のことに置き換えて不安になってしまうのです。)

医療も最終的には自分で判断をしなければならない局面があるかと思いますが、専門家の意見を聞かずに判断する場合と聞いてから判断する場合とでは決断の重み(深さ)が変わってきます。

ホームドクターは、私の病歴と薬に対する反応を知っているので、とても相談しやすいです。その先生は内科医ですので、その先生の専門外のことについては、専門医を紹介してもらっています。

 

セカンド・オピニオンを受ける

同じ症状でも違った見解がありますので、セカンド・オピニオンを受けたこともあります。その先生の治療方法は選択しませんでしたが、大変、参考になりました。(継続してブログを拝見しています。)

セカンド・オピニオンは「迷い」が生じることもあるので、やたらに相談する先生を増やすのではなく、一人の先生を信頼することも大事かと思っています。(セカンド・オピニオンを受けることによって、主治医を信頼するきっかけにもなるかと思っています。)

 

食事に気を配る

独立してから食事には、気を付けるようになりました。

食べたもののカロリーと体重と体脂肪率はほぼ毎日、記録しています。記録をつけるとカロリーや栄養バランスを気になるので、食事に気を付けるようになります。カロリーや体脂肪率は、調理方法や測定方法により変わってくるものなので、正確ではありませんが、それでも良いと思い、記録しています。

まずは記録することが大事だと考えています。(ちなみに記録をつけてから、体重が記録する前よりも5kgぐらい減りました。これについては、いつか記事にしたいと思っています。)

 

ちょっと運動をする(体を動かす)

運動はあまりしていません。以前は、ジムに通っていましたが、ちょっと腰を悪くしてから特に激しい運動はしなくなってしまいました。

毎日、歩くようにしています。長い距離は歩きません。歩幅や姿勢に気をつけながら歩きます。階段も多く利用するように心がけています。(大江戸線など深い位置を運行している地下鉄のホームから改札までの上りの階段は利用しませんが・・・)

 

まとめ

昨年の手術は1泊2日で命に係わるようなものではなかったのですが、短期的には多くの方にご迷惑をおかけしまいました。

40歳を過ぎると体調を悪くする友人が増えてきたように感じます。先日も1人、入院しました。無事に治療を終え、退院しましたが無理が利かなくなる年齢なんだと強く感じています。

あやふやな情報にまどわされず、お金をかけてより質の良い情報を取得し、健康管理に気を付けたいと思っています。


■□◆◇ 編集後記 ◇◆□■

先日、撮影したCTに異常が見つかったため、昨日は病院へ。(日曜日に開業しているのは助かります。)大腸カメラ検査を受けました。結果、「問題なし」でしたが、定期健診って大事ですね。

 

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

この記事を書いている人 - WRITER -
かわべ
生誕:1969年 東京 生まれ 趣味:楽器演奏(St.Bass、E.Bass)     読書(ミステリー)     映画鑑賞(学生時代、映画館でアルバイト経験あり)

報酬のお見積り

法人の顧問報酬と決算報酬を、前期の売上実績当期の売上予測でお見積もりすることができます。(※)

LINK 報酬お見積もり【法人用】 web

お名前やメールアドレスの入力は必要ありません。ウェブ上で簡単にお見積もりができます。

※ オプション料金は別途となります。

Copyright© J-musu-no-blog , 2015 All Rights Reserved.