納付書や所得税徴収高計算書にマイナンバー?

所得税徴収高計算書の記載方法の画像

<スポンサーリンク>  
 

こんにちは。税理士のかわべです。

法人税の納付書、源泉所得税の納付書(所得税徴収高計算書)、その他の納付書にマイナンバー(個人番号、法人番号)を記載する必要があるのでしょうか?

(国税庁;給与所得・退職所得等の所得税徴収高計算書(PDFファイル/1,323KB)より)

所得税徴収高計算書の記載方法

 

[aside type=”yellow”]この記事は、平成27年12月16日時点で確認することができる情報に基づき記載されています。実際の税務については、その時点の法令等を良くご確認ください。[/aside]


<スポンサーリンク>    
 

納付書や所得税徴収高計算書にマイナンバーを記載するのか?

納付書や所得税徴収高計算書には、今のところマイナンバーの記載欄がないため、マイナンバーを記載する必要はありません。

(国税庁;番号制度概要に関するFAQQ2-2のなお書きより。H29.7.10引用。)

Q2‐2 社会保障・税番号<マイナンバー>制度の導入により、税務関係書類の記載事項は、どう変わりますか。

(・・・中略・・・)

なお、納付書や所得税徴収高計算書については、マイナンバー(個人番号)・法人番号を記載する必要はありません。

納付書や所得税徴収高計算書にはマイナンバーの記載欄がないので間違えることはないかと思いますが、ちょっと気になったので記事にしてみました。


■□◆◇ 編集後記 ◇◆□■

平成28年度の税制改正にはクレジットカードで納付することができる案が含まれています。納付書には金融機関やコンビニ等を経由するため、マイナンバー欄を設けることができないのかもしれませんが、クレジットなら・・・ということでしょうか?

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る