確定申告。e-taxでの24時間受付。メンテナンスもあるので注意!

令和3年分-確定申告-e-tax

こんにちは。税理士のかわべです。

確定申告、e-taxは、土日を含めて原則として24時間受付となりますが、利用できない時間帯もあるので、事前に情報を確認しておきましょう。

この記事のポイント

● e-taxを利用して確定申告をする場合は、利用できない時間ヘルプデスクの稼働時間に注意!
● 税に関する不明点は、税務署の開庁時間内に税務署等に問い合わせ!(令和3年分の所得税の確定申告では、チャットボット(ふたば)を原則24時間(メンテナンス時間帯以外)利用することができます。)

この記事は、令和4年2月7日時点で確認することができる情報に基づき作成しています。国税庁の発表する情報等が変更された場合は記事内容と取り扱い等が相違することもありますので、国税庁の公式サイト等で最新の情報をご確認ください。


令和3年分の所得税の確定申告期間にe-Taxを24時間利用する場合の注意点

e-tax利用時間
e-tax-利用可能時間の画像

e-taxは、確定申告期間には、土日を含めて24時間、利用することができますが、利用できない時間もあるので注意が必要です。

稼働状況は、国税庁のサイトに掲載されているカレンダーで確認できます。

確定申告期間にe-taxを利用する場合の注意点をまとめてみました。

注意1!期間限定。土日の24時間利用は確定申告期間のみ

e-Taxを土日でも24時間利用することができるのは、所得税の確定申告期間のみです。

通常期の平日は24時間日祝祭日の翌日●●●●●●●は8時30分から)、毎月(12月を除く)の最終土曜日と翌日の日曜日は8時30分から24時までの稼働です。

注意2!毎週月曜日0時~8時30分は利用不可

e-taxは確定申告時期でも毎週月曜日0時~8時30分は利用できません。(次の画像は、令和4年(2022年)2月のe-taxの稼働状況をまとめたカレンダーです。)

e-tax利用時間
e-tax-202202-利用可能時間カレンダー
[lnvoicer icon=”https://ar-kawabe.com/blog/wp-content/uploads/2015/06/1527_Ako_NC_31.jpg” name=”管理人”]日曜日の夕方に申告書の作成を開始し、気がつくと午前0時を過ぎて・・・という場合は、完成した申告書をすぐに電子送信できない可能性があるっていうことですね。その場合、メンテナンス終了後に電子送信することになります。[/lnvoicer]

注意3!ヘルプデスクは確定申告期間でも問い合わせ時間が限られる

e-Taxの事前準備、送信方法、エラー解消などの使い方について不明点があった場合、「e-Tax・作成コーナーヘルプデスク」へ問い合わせることができますが、このヘルプデスクの受付時間は限られているため、深夜に作業をする場合は注意が必要です。(使い方以外の税に関する相談等については、e-Tax・作成コーナーヘルプデスクでは「質問に答えられない」ということです。税に関する相談等については、次の章を参照してください。)

税務相談は税務署の開庁時間内、チャットボットなら原則24時間

上記の「e-Tax・作成コーナーヘルプデスク」は、税務相談の受付をしていません。申告の内容等、税務に関する相談については、最寄の税務署に電話をして質問するか、確定申告時期に税務署に設置される「申告書作成会場」を利用するか、チャットボット(ふたば)を利用することになります。

確定申告会場の利用

令和3年分の所得税の確定申告では、昨年に引き続き税務署の確定申告会場に入るには入場整理券が必要になるようです。詳細は、以下のLINK先でご確認ください。

チャットボット(ふたば)

令和3年1月4日から所得税の確定申告についてAIチャットボットのふたばに税務相談をすることができます。


■□◆◇ 編集後記 ◇◆□■

そろそろ花粉の季節です。東京では、もう飛んでいるとか、いないとか……。