e-taxはWindows10とIE11に対応したようです

h28_e-tax_windows10追加の画像

<スポンサーリンク>  
 

昨年、このブログでも記載しましたが、e-taxでは平成28年1月からMicrosoftの「Windows10」と「Internet Explorer 11」を推奨環境に追加し、電子申告できるようになったようです。

[aside type=”pink”]引用の画像等は記事掲載日時点のものです。リンク切れやサイトの更新等により同じ画像が表示されるとは限りませんのでご注意ください。[/aside]

Windows10と税務_11

(私はWindows10のPCを用意したのですが、まだ試していません。)

参考

参考 e-tax;【重要】Windows10のご利用について

参考 e-tax;確定申告書作成コーナー>お知らせ>Windows10に対応しました

参考 e-tax;確定申告書等作成コーナー>e-Taxを行う際の確認事項(準備編)


<スポンサーリンク>    
 

Windows10のe-taxでの利用について

H27.11.20に国税庁に掲載された「お知らせ」では次のような記事でした。

Windows10e-tax対応_11

 

e-Taxの推奨環境

H28.1.4に次のページが掲載され、「Windows10」と「Internet Explorer 11」が推奨環境に追加されました。

H28_Windows10追加_11

また、確定申告書等作成コーナーにもWindows10が推奨環境となったことを知らせるページがあります。

(e-tax;確定申告書等作成コーナー>お知らせ>Windows10に対応しましたより)

H28_Windows10追加_13

 

所得税の確定申告をするためのパソコンの推奨環境

所得税の確定申告書を確定申告書作成コーナーで作成する場合(紙で印刷する場合、又は電子申告する場合)のPCの推奨環境については、つぎのページでご確認ください。

(e-tax;確定申告書等作成コーナー推奨環境より)

 

紙に印刷して提出する場合

(下の画像は一部分ですので、画像をクリックして開くページで良くご確認ください。)

H28_Windows10追加_15

 

電子申告をする場合

(下の画像は一部分ですので、画像をクリックして開くページで良くご確認ください。)

H28_Windows10追加_14

 

また、e-taxの確定申告書等作成コーナーから作成の手続きを開始すると次のような「e-Taxを行う際の確認事項(準備編)」のページが表示されますので、そこでも確認することができます。

H28_Windows10追加_12

 

電子申告をする場合のICカードリーダライタ

ICカードリーダライタは、住民基本台帳カードと個人番号カードで使用できる機種が違う場合があるようなので、(公的個人認証サービスICカードリーダライタのご用意)でご確認ください。

以前、次のような記事を書いていました。

関連記事 個人番号カードに対応したICカードリーダライタ


■□◆◇ 編集後記 ◇◆□■

関東では暖かいというのに腰はやばい感じですので、養生しています。10年以上前に椎間板ヘルニアを患っているのですが、今回の症状はそのときに似ているような・・・。

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る