Excelで日付の表示を工夫する

<スポンサーリンク>  
 

Excelの日付の表示方法は、ユーザー定義で変更することができます。

また、TEXT関数を使うと、曜日を表示させることができます。

今日は、Excelでの日付の表示方法について記載します。

excel_日付の表示方法の画像

関連記事 ExcelのDATESTRING関数を使って和暦を表示する


<スポンサーリンク>    
 

Excelの日付のカウント

最初に基本的なことを確認しておきます。

Excelでは1900/1/1を「1」日目として日付をカウントしています。

(microsoft;日数および日付の表示方法と計算方法 – Excel 操作の基本編より)

Excel で日時の計算を行なう場合、”シリアル値” を基本とします。シリアル値とは、日付と時刻を数値で表したもので、Excel では日付と時刻をシリアル値に置き換えて計算します。シリアル値では、1900 年 1 月 1 日を “1” とし、1900 年 1 月 1 日から 9999 年 12 月 31 日の日付は、1 ~ 2958465 の整数に置き換えられます。また、時刻は 1 日の一部として小数値で置き換えられます。

ちなみに2015/2/1は「42,036」日目になります。今日は、日付の表示方法について記載します。

ユーザー定義で日付の表示を変える

Excelのセルに数字を「1」を入力して、「セルの書式設定」画面を開きます。

Excel日付_11

 

上の画像のとおり、分類(C)で「ユーザー定義」を選択し、種類(T)で真ん中あたりの「yyyy/m/d」を選択すると、サンプルに「1900/1/1」と表示されます。(緑色の枠囲み部分)

(冒頭に記載したとおり、Excelでは「1」を日付で考えると「1900/1/1」となるためです。)

Excel2010では、種類(T)がいくつか設定されていますので、そのなかから作成する表に合う表示を選択することができますが、種類(T)のすぐ下の入力箇所を任意に変更することもできます。

Excel日付_21

 

ユーザー定義による表示形式の比較

いくつかの決まりごと(たとえば「ggge」は「平成00」年と表示するなどの決まりごと)の組み合わせで表示形式が決まります。

表示形式を比較すると次のとおりです。

Excel日付_12

 

TEXT関数を利用して曜日を表示する

上の画像のD13セルからD16セルまでは曜日を表示してあります。セルの書式決定以外にTEXT関数を使って曜日を表示させることができます。

Excel日付_13

 

上の画像のとおり、B1セルには次の式が入力されています。

「=TEXT(A1,”aaaa”)」

「”aaaa”」は曜日を「○曜日」で表示するためですが、ほかにも次のような形式があります。

[aside type=”boader”]”aaa”・・・日、月など曜日を漢字一文字で表示します。

“ddd”・・・Sun、Monなど曜日をアルファベット3文字で表示します。

“dddd”・・・英語で表示します。[/aside]

Excel日付_14

■□◆◇ 編集後記 ◇◆□■

今日は、「暦の上では春ですが・・・」という挨拶が多いです。暦がどうだろうと2月は冬だよな~。寒いよ。

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る