記録することによって見えてくるもの

「ものづくり・商業・サービス新展開支援補助金」の2次公募が開始されました。

    
h27_ものづくり補助金の画像
\ この記事を共有 /
「ものづくり・商業・サービス新展開支援補助金」の2次公募が開始されました...

中小企業庁より平成27年度補正予算に基づく「ものづくり・商業・サービス新展開支援補助金」の2次公募が発表されました。平成28年8月24日(水)が締め切りとなります。

(中小企業庁;平成27年度補正予算「ものづくり・商業・サービス新展開支援補助金」の2次公募を開始しますより)

h27_ものづくり補助金2次_11


「ものづくり・商業・サービス新展開支援補助金」とは

サービスやものづくりの新事業を創出するために中小企業や小規模事業者の設備投資等を支援するために実施されるものです。2次公募は1次公募の予算の残額が生じることにより実施されます。

(全国中小企業団体中央会; 平成27年度補正「ものづくり・商業・サービス新展開支援補助金」の2次公募についてより)

1.事業概要

国内外のニーズに対応したサービスやものづくりの新事業を創出するため、認定支援機関と連携して、革新的なサービス開発・試作品開発・生産プロセス改善を行う中小企業・小規模事業者の設備投資等を支援します。

なお、本公募については、1次公募の結果、当初想定されていた交付決定金額に対して、予算の残額が生じることが予想されることから実施されるものです。

 

「ものづくり・商業・サービス新展開支援補助金」の2次公募の採択予定件数

「ものづくり・商業・サービス新展開支援補助金」の2次公募の採択予定件数は全国で概ね100件程度のようです。

(全国中小企業団体中央会; 平成27年度補正「ものづくり・商業・サービス新展開支援補助金」の2次公募についてより)

•採択予定件数は全国で概ね100件程度を予定するものとなります。

 

「ものづくり・商業・サービス新展開支援補助金」の2次公募の公募要領等

「ものづくり・商業・サービス新展開支援補助金」の2次公募の公募要領等は、全国中小企業団体中央会の各地域事務局に掲載しています。各地域事務局は次の「都道府県中央会」のページで検索することができます。

中小企業関係機関・団体リンク集都道府県中央会

たとえば、東京都中小企業団体中央会では、次のように公募要領等が掲載されています。

(東京都中小企業団体中央会>平成27年度補正「ものづくり・商業・サービス新展開支援補助金」の2次公募についてより)

h27_ものづくり補助金2次_12

 

助成事業への応募は事業計画を見直す良い機会に

助成事業への応募申請書を作成する場合、行政書士や認定支援機関である金融機関、税理士事務所等の専門家と事業計画について話し合う機会が増えます。

このことは、企業の事業計画を見直す良い機会になっているようです。また、メインバンクや顧問税理士などは、事業計画の説明を受けることにより、金融支援や節税対策などの提案にも活かすことができます。

申請書を作成するには、ある程度の時間を費やすことになるかと思いますが、事業計画の見直し、今後の企業の進むべき方向性を見極めるのに良い機会になるでしょう。

今回は、全国で採択予定件数が100件程度(1次公募は東京都だけで723件)なのでかなり狭き門ですが、時間等を考慮し余裕のある方は応募してみると良いかもしれません。

(東京都の1次公募の採択案件一覧 ⇒ 平成27年度補正「ものづくり・商業・サービス新展開支援補助金」採択案件一覧(PDFファイル))


■□◆◇ 編集後記 ◇◆□■

関東では恵みの雨になりそうです。

神の舌を持つ男というドラマを観ました。私は全話観ようと思っているのですが、ネットでの一話目の評価はあまり良くないようです。

 

Copyright©税理士かわべのblog,2016All Rights Reserved.