記録することによって見えてくるもの

医療費を集計するなら国税庁が公開する「医療費集計フォーム」が便利

かわべ
WRITER
 
平成30年分-医療費集計フォーム-アイキャッチ
この記事を書いている人 - WRITER -
かわべ
生誕:1969年 東京 生まれ 趣味:楽器演奏(St.Bass、E.Bass)     読書(ミステリー)     映画鑑賞(学生時代、映画館でアルバイト経験あり)
<スポンサーリンク>  
 

こんにちは。税理士のかわべです。

医療費控除セルフメディケーション税制の適用を受ける場合は、1年分の医療費の領収書を集計しなければなりませんが、普段、電卓を使わないなど数値の集計作業になれていなければ、かなり時間がかかります。

このうち「医療費控除」を受けるなら、国税庁が公開している「医療費集計フォーム」を利用して、Excelで医療費の領収書を集計してみてはいかがでしょうか?(記事掲載日現在、セルフメディケーション税制用の集計フォームは公開されていないようです。

LINK 国税庁;平成30年分 確定申告特集医療費集計フォームのダウンロード(Ver3.0のExcelファイル※) web

又は

LINK国税庁;確定申告書等作成コーナー医療費集計フォーム(Ver3.1のExcelファイル) web

※ H31.1.16時点で確認したところ平成29年分としてVer3.0のExcelファイルが公開されていますが、筆者がテストしたところ、確定申告書コーナーで問題なく読み込めました。

この「医療費集計フォーム」は、国税庁の「確定申告書作成コーナー」で読み込みができるため、今まではe-Taxを利用して電子申告をする場合でしたが、明細書の添付が必須となった平成29年分の所得税の確定申告からは、同じ国税庁の「確定申告書作成コーナー」で「書面提出」を選択した場合でも読み込みに利用すると便利かと思います。

関連記事 平成29年分の所得税の医療費控除に関する明細書のイメージが公開されました

!!! 還付申告できる期間 !!!
所得税の確定申告書を提出する義務のない人が、給与等から源泉徴収された所得税額の還付を受けるための申告(還付申告)を提出できる期間については、国税庁の次のサイトでご確認ください。

LINK 国税庁;No.2035 還付申告ができる期間と提出先 web

この記事は平成31年1月28日時点で確認することができる法令等に基づき作成されています。サイトの仕様変更、法令等の改正があった場合は、記事内容と相違することもありますのでご注意ください。

また、この記事は過去に作成した記事を平成30年分の所得税の確定申告(平成31年3月15日申告期限)用にリライトしたものです

 


<スポンサーリンク>    
 

医療費集計フォームとは

平成30年分-医療費集計フォーム(Ver3.0)-12月

(国税庁;「医療費集計フォーム」Ver3.0より。)

医療費集計フォーム」は国税庁が公開している、Excel等の表計算ソフトで医療費の集計ができるフォームです。

現在Ver3.0Ver3.1が公開されていますが、平成30年分の所得税の確定申告には、どちらのファイルも利用できるようです。(上の画像はVer3.0、下の画像はVer3.1です。それぞれのダウンロード方法は、次の章を参照してください。)

平成30年分-医療費集計フォーム(Ver3.1)-13

(国税庁;「医療費集計フォーム」Ver3.1より。)

 

医療費集計フォームの特徴「確定申告書等作成コーナー」で読み込みができる!

この医療費集計フォームは、国税庁の「確定申告書等作成コーナー」で申告書を作成する場合、「入力方法の選択(医療費控除)」の画面で、「医療費集計フォームを読み込む」をチェックして読み込むことができます。

平成30年分-医療費集計フォーム-11

(国税庁;確定申告書等作成コーナー>医療費控除の入力画面より)

集計した表をそのまま読み込めるので、時間短縮になります!!!。

確定申告をWeb上で作成していると、資料が足らなかったり、入力途中に集計ミスに気づいたりと、何度か再入力することもあるので、医療費だけでも別途集計しておけば、何度でも読み込み可能ですで便利ですよ!

もちろん、確定申告書等作成コーナーで作成途中の申告書等のデータを保存しておくこともできるので、医療費の入力件数が少ない人は、Excelで別途集計することはないかも知れませんね。

Excelファイルの取り扱いに抵抗のない人や、とりあえず医療費だけを先に集計しておきたい人には、おすすめです。

管理人

 

医療費集計フォームのQ&A

医療費集計フォームは、Excel等の表計算を利用しますが、Q&Aが公開されていますので、参考にしてみてください。

平成30年分-医療費集計フォームQA-14

(国税庁;確定申告書等作成コーナー「よくある質問」の医療費集計フォームより)

 

国税庁の医療費集計フォームのダウンロード手順

すでに記載のとおり、平成30年分の所得税の確定申告(平成31年3月15日申告期限)で使用することがdけいる医療費集計フォームにはVer3.0Ver3.1があります。

ダウンロードする場所が異なりますので、以下に手順を記載しておきます。

 

医療費集計フォーム(Ver3.0)

医療費集計フォーム(Ver3.0)は次のページでダウンロードできます。

LINK 国税庁;平成30年分 確定申告特集医療費集計フォームのダウンロード(Ver3.0のExcelファイル※) web

平成30年分-確定申告特集-医療費集計フォームのダウンロード

(国税庁;平成30年分 確定申告特集医療費集計フォームのダウンロードより)

 

医療費集計フォーム(Ver3.1)

医療費集計フォーム(Ver3.1)は、国税庁の確定申告書等作成コーナーからダウンロードページすることができます。

国税庁の確定申告書等作成コーナーを開き、右側のメニューのなかから「医療費集計フォーム」(下の画像の赤色の枠囲み部分)をクリックします。

平成30年分-確定申告書等作成コーナー-トップページ

(国税庁;確定申告書等作成コーナーより)

●「医療費集計フォーム ダウンロード(平成29年分以降用)」をクリック

表示された医療費集計フォームのページの真ん中に表示された「医療費集計フォーム ダウンロード(平成29年分以降用)」(下の画像の赤色の丸囲み部分)をクリックします。

平成30年分-確定申告書等作成コーナー-医療費集計フォームのダウンロード

 

医療費の領収書は5年間保存

h29_医療費控除の領収書の取扱の画像

(国税庁;平成29年分確定申告の医療費の明細書添付義務化のお知らせ(平成29年9月)(PDF/753KB)より

平成28年分までは確定申告書を印刷して書面で提出する場合は、医療費の領収書の添付が必要でしたが、平成29年分以降の確定申告で平成30年1月1日以後に提出する申告書からは、医療費の領収書の添付等が不要になりました。

ただし、控除を受ける場合は、医療費の明細書又は医薬品購入費の明細書を確定申告書に添付する必要があり、医療費の領収書は5年間、自宅に保存しなければなりません

 

医療費集計フォームの読み込み作業

確定申告書等作成コーナーで確定申告書を作成する場合は、医療費控除のところで医療費集計フォームを読み込むことができます。

多くの人があまり迷わずに読み込み作業ができると思いますが、手順を記載しておきます。

・ 「所得控除の入力」画面までの手順は省略します。

・ 以下の引用画像は、確定申告書等作成コーナーで「書面提出」を選択した場合の画像となります。

1 「所得控除の入力」画面の医療費控除の「入力する」をクリック

平成30年分-医療費集計フォーム読み込み-16

2 「医療費控除を適用する」をクリック

平成30年分-医療費集計フォーム読み込み-17

 

3 「医療費集計フォームを読み込む」の左横ををクリック

平成30年分-医療費集計フォーム読み込み-18

上の画像と同じ画面の下部に、次の「4」の画像のように「医療費集計フォームの読み込み」の画面が表示されます。

4 「ファイルを選択」をクリックして、読み込むファイルを選択します

平成30年分-医療費集計フォーム読み込み-19

表示された「ファイルを選択」というボタンをクリックしてファイルを選択します。

 

5 ファイル名を確認して読み込み

平成30年分-医療費集計フォーム読み込み-20

ファイルを選択後、表示された「ファイルを選択」横のファイル名を確認し、問題なければ、同画面の右下に表示されている「選択したファイルを読み込む」をクリックします。(既にファイルが読み込まれている場合には、入力内容を全て削除して上書きすることになるようです。)

6 医療費集計フォーム読込結果の確認

平成30年分-医療費集計フォーム読み込み-21

問題なければ右下の「次に進む」をクリックします。

 

7 「医療費の入力」画面で読み込まれた情報を確認

平成30年分-医療費集計フォーム読み込み-22

全て読み込まれていればOKで、追加がなければ右下の「次へ進む」をクリックします。追加や修正をすることができます。

8 計算結果の確認(医療費控除)

平成30年分-医療費集計フォーム読み込み-23

すべて入力を終えると最後に「計算結果の確認(医療費控除)」という画面が表示されます。確認して右下の「次へ進む」をクリックします。

 

9 所得控除の入力画面に戻る

平成30年分-医療費集計フォーム読み込み-24

医療費控除の入力が終了すると、「所得控除の入力」画面の「医療費控除」欄に控除額が表示されます。


■□◆◇ 編集後記 ◇◆□■

週末は新潟へ。とても寒かった。ちょっと体調が悪くなっちゃった。

管理人

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

この記事を書いている人 - WRITER -
かわべ
生誕:1969年 東京 生まれ 趣味:楽器演奏(St.Bass、E.Bass)     読書(ミステリー)     映画鑑賞(学生時代、映画館でアルバイト経験あり)

報酬のお見積り

法人の顧問報酬と決算報酬を、前期の売上実績当期の売上予測でお見積もりすることができます。(※)

LINK 報酬お見積もり【法人用】 web

お名前やメールアドレスの入力は必要ありません。ウェブ上で簡単にお見積もりができます。

※ オプション料金は別途となります。

Copyright© J-musu-no-blog , 2019 All Rights Reserved.