記録することによって見えてくるもの

ExcelのSEARCH関数を使ってみる

かわべ
WRITER
 
excel_search関数の画像
この記事を書いている人 - WRITER -
かわべ
生誕:1969年 東京 生まれ 趣味:楽器演奏(St.Bass、E.Bass)     読書(ミステリー)     映画鑑賞(学生時代、映画館でアルバイト経験あり)
<スポンサーリンク>  
 

ExcelのSEARCH関数を使ってみました。

search関数の画像

参考 support office;SEARCH 関数、SEARCHB 関数

<スポンサーリンク>    
 

SEARCH関数を使ってみる

SEARCH関数_ピボットテーブル

データを集計したいときに、規則正しく入力されている場合は、ピボットテーブルを利用すると便利でしょう。しかし、規則正しい入力がない場合は、ピボットテーブルではうまく集計できない場合があります。
そこでSEARCH関数を使ってみました。

SEARCH関数とは

SEARCH関数は、文字を検索して、その文字の開始位置(左から何文字目か?)を調べる関数です。

(support office;SEARCH 関数、SEARCHB 関数より)

SEARCH 関数および SEARCHB 関数は、指定された文字列を他の文字列の中で検索し、その文字列が最初に現れる位置を左端から数え、その番号を返します。たとえば、”printer” という語で文字 “n” の位置を検索するには、次の関数を使用できます。

このSEARCH関数は、指定された文字が見つからないと「#VALUE」というエラーになりますので、その性質を使って、集計表を作成してみます。

SEARCH関数の使用例

下記のような表を用意しました。

SEARCH関数_E列の説明

B列に取引先が記載されています。取引先ごとに取引額を集計する表を作成してみます。

SEARCH関数を使って特定の文字列が含まれているか確認

上のE列には次のような式を入力しています。

=SEARCH(E$1,$B2)

この式は「E1に入力されている文字(上の例では『A社』)がB2に含まれていますか?」という意味になります。含まれていない場合は、上の画像のとおり「#VALUE」と表示されます。

 

IF関数、ISERROR関数、SEARCH関数を使ってエラーに対処

SEARCH関数_F列の説明

E列では「『A社』という文字がB列に含まれるのか?」ということをSEARCH関数を使って調べましたが、SEARCH関数だけを利用した場合は、エラーが表示されるだけなので、 IF関数、ISERROR関数、SEARCH関数の3つの関数を使った式をF列に入力しました。

IF(ISERROR(SEARCH(F$1,$B2)),””,$C2)

この式は、「SEARCH関数の結果がエラーだったら・・・何も表示しない、そうでなければC列の数字を表示する」という意味です。F列に入力した結果、取引先が「A社」の取引金額のみを集計するようになりました。

 

A社、B社、C社についてSEARCH関数を使って確認

上の表の一部を用いて、A社、B社、C社について IF関数、ISERROR関数、SEARCH関数の3つの関数を使った式をそれぞれE~G列に入力し、A社、B社、C社の取引金額を集計する表を作成してみました。

SEARCH関数_完成

まとめ。やっぱりピボットテーブルは便利

SEARCH関数を使って表を作成しましたが、やっぱりピボットテーブルは便利ですよね。ピボットテーブルが使えるような表をデータ入力を心がけるのが良いのかも知れません。

ちなみに、私は、会計ソフトから出力した仕訳帳や元帳データをSEARCH関数で集計しています。

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

この記事を書いている人 - WRITER -
かわべ
生誕:1969年 東京 生まれ 趣味:楽器演奏(St.Bass、E.Bass)     読書(ミステリー)     映画鑑賞(学生時代、映画館でアルバイト経験あり)

報酬のお見積り

法人の顧問報酬と決算報酬を、前期の売上実績当期の売上予測でお見積もりすることができます。(※)

LINK 報酬お見積もり【法人用】 web

お名前やメールアドレスの入力は必要ありません。ウェブ上で簡単にお見積もりができます。

※ オプション料金は別途となります。

Copyright© J-musu-no-blog , 2014 All Rights Reserved.