記録することによって見えてくるもの

国税をクレジットカードで納付できる。申告所得税もOK

かわべ
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
かわべ
生誕:1969年 東京 生まれ 趣味:楽器演奏(St.Bass、E.Bass)     読書(ミステリー)     映画鑑賞(学生時代、映画館でアルバイト経験あり)
<スポンサーリンク>  
 

こんにちは。税理士のかわべです。

平成29年から国税をクレジットカードで納付することができるようになりました。いくつか条件はありますが、早速、平成29年3月15日が期限の確定申告手続きで使用することができるかも知れません。

残念ながら、手数料がかかるのですが、忙しい場合に銀行等に出向かなくても良いので、納付手続きにかかる手間、時間等を検討して上手に利用してみてください。

国税 クレジットカードお支払サイトより)


<スポンサーリンク>    
 

国税のクレジットカード納付とは

国税のクレジットカード納付は、専用サイトでクレジットカードの情報を入力して納付する手続きです。

地方税ではいち早くクレジットカードの決済を導入している市区町村もありましたが、国税は平成29年からのスタートです。

管理人

(国税庁;[手続名]クレジットカード納付の手続より)

クレジットカード納付とは、インターネット上でのクレジットカード支払の機能を利用して、国税庁長官が指定した納付受託者(トヨタファイナンス株式会社)へ、国税の納付の立替払いを委託することにより国税を納付する手続です。
「国税クレジットカードお支払サイト」は国税庁長官が指定した納付受託者が運営する国税のクレジットカード納付専用の外部サイトです。

 

国税のクレジットカード納付手続きは24時間利用可能

国税のクレジットカード納付は「国税 クレジットカードお支払サイト」というサイトを利用します。このサイトは、24時間利用可能ということです。

このサイトを利用した場合、「納付した日」が手続きをした日なのか、引き落としをした日になるのか、気になるところです。

次のクレジットカードのQ&Aによると、「国税 クレジットカードお支払サイト」でお手続きをした場合、「納付した日」は、同サイトを利用して決済手続きをとった時点となるようです。(引き落としの日ではありません。)

(国税庁;クレジットカード納付のQ&AQ2-12 クレジットカード利用代金の引き落とし日が法定納期限よりも後になった場合、延滞税は発生しますか。より)

クレジットカード納付については、国税通則法第34条の3の規定により、納付手続が完了した日をもって延滞税や利子税を計算することとなっておりますので、法定納期限内に「国税クレジットカードお支払サイト」において、その手続きを完了していれば、クレジットカード利用代金の引き落とし日が法定納期限よりも後になった場合でも延滞税は発生しません。
なお、法定納期限後に「国税クレジットカードお支払サイト」での納付手続を行った場合には、延滞税等が発生することがありますので、ご注意ください。

あまり想定したくない状況ですが、納付期限内に銀行等に行けなかった場合、納付期限の最終日に「国税 クレジットカードお支払サイト」で手続きできればセーフなんですね。

管理人

 

国税のクレジットカード納付手続きの注意点

国税庁の[手続名]クレジットカード納付の手続には、国税のクレジットカード納付を利用する際の注意点が記載されています。

とくに、決済手数料がかかるということと、納付手続きをできる税額の限度(カードの限度額)に注意しましょう。

[注意事項]
1 クレジットカード納付では、納付税額に応じた決済手数料がかかります。

※ 決済手数料は、国の収入になるものではありません。

2 クレジットカード納付ができる金額は、1,000万円未満、かつ、ご利用になるクレジットカードの決済可能額以下の金額(決済手数料含む)です。

3 利用可能なクレジットカードは、Visa、Mastercard、JCB、American Express、Diners Club、TS CUBIC CARDです。

4 領収証書は発行されません。

領収証書が必要な方は、最寄りの金融機関又は所轄の税務署の窓口で納付してください。

5 「国税クレジットカードお支払サイト」での納付手続が完了すると、その納付手続の取消しはできません。

6 納付手続の完了後、その納付手続により納付済となった国税については、納税の猶予等を受けることはできません。

7 国税のクレジットカード納付はインターネット上のみの手続であり、金融機関やコンビニエンスストア、税務署の窓口では、クレジットカードによる納付はできません。

8 クレジットカード納付をしてから、納付済の納税証明書の発行が可能となるまで、3週間程度かかる場合があります。

 

利用できる税目

国税のクレジットカード納付を利用することができる税目は、次の通りです。(記事の掲載日現在の情報です。最新の情報は、リンク先でご確認ください。)

(「国税 クレジットカードお支払サイト」より)

利用できるクレジットカード

国税のクレジットカード納付を利用することができるクレジットカードは、次の通りです。(記事の掲載日現在の情報です。最新の情報は、リンク先でご確認ください。)

(「国税 クレジットカードお支払サイト」より)

決済手数料の確認方法

国税のクレジットカード納付を利用する場合の決済手数料は、「国税 クレジットカードお支払サイト」で確認することができます。(下の画像の赤色の枠囲み部分)

(以下の画像は、「国税 クレジットカードお支払サイト」より。掲載日現在の利用状況です。)

上記のように「9,999,999」と入力すると計算してくれません。

試しに「29,400」円で計算してみました。

453,200円で計算してみたところ、決済手数料は3,775円。結構かかりますね。

 

国税クレジットカード納付お支払サイトでの納付手続き

国税 クレジットカードお支払サイト」での納付の具体的な納付手続きについては、次のPDFファイルを参考にしてみてください。

クレジットカードの決済手続きは試行していませんが、途中までの入力はそれほど大変ではありませんでした。(比較的わかりやすい画面かな~という印象です。)

管理人

LINK クレジットカード納付手続の流れ(PDF/642KB)


■□◆◇ 編集後記 ◇◆□■

今日、関東では、3月の陽気になるとか。夕方はすっかり寒くなりました。

管理人

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

この記事を書いている人 - WRITER -
かわべ
生誕:1969年 東京 生まれ 趣味:楽器演奏(St.Bass、E.Bass)     読書(ミステリー)     映画鑑賞(学生時代、映画館でアルバイト経験あり)

報酬のお見積り

法人の顧問報酬と決算報酬を、前期の売上実績当期の売上予測でお見積もりすることができます。(※)

LINK 報酬お見積もり【法人用】 web

お名前やメールアドレスの入力は必要ありません。ウェブ上で簡単にお見積もりができます。

※ オプション料金は別途となります。

Copyright© J-musu-no-blog , 2017 All Rights Reserved.